採用情報

一人前のSEになるには?
システム開発部課長補佐 須田 光
システム開発部課長補佐

須田 光
資格:
2種情報処理技術者
初級システムアドミニストレータ
 システムエンジニアにはコミュニケーション力、技術力、仕事力、IT知識、業務知識、時間管理、人・納期・工数をバランスよく組み合わせる力、プロジェクトを纏める力等、沢山のスキル、知識、資質が必要とされてます。
 でも安心してください! 初めから全てを身につけている人はいませんから。。。
 但し、今からでも身につけれるスキルはあります。それは「技術力」と「時間管理」です。
 「技術力」というとプログラミングができることをイメージする人が多いと思います。
とことんプログラミングができることに越したことはないですが、SEは総合的な情報処理の知識が必要ですので、情報処理技術者試験の受験範囲の知識は最低限身につけてほしいスキルです。
 即ち資格取得です。
 また「時間管理」は、多忙なシステムエンジニアは時間を上手に使うスキルが必要です。
 作業を効率的に進めるために時間管理スキルが必要ですが、それが一番必要な場面は、仕事とプライベートを切り替えリフレッシュする時間を作り出す時だと考えます。頭の中を仕事から切り離す時間を作ることが自身のメンタルケアになり、仕事への意欲にも繋がります。
 最後になりますが、様々なスキルを身につけるにはチャレンジ精神が必要です。
 今の頑張りが未来の自分を支える糧となりますので、めげずにチャレンジ精神で邁進していきましょう。そしてチャレンジする君たちを後押ししてくれるフィデア情報システムズで一緒に働きましょう!

システム開発部 齊藤 宏一郎
システム開発部

齊藤 宏一郎
資格:
基本情報技術者
 就活は貴方の人生を決める大きなターニングポイントです。
 私が入社後にシステムエンジニアとしての実務で必要だと感じた以下の3点を記載しますので、当社への入社を希望していただける方に参考にしていただければ幸いです。
 (1)とにかくコミュニケーション
社内の人間関係、電話応対、顧客打合せ等、何を行うにしても大切なポイントです。
相手の目をみて誠意ある挨拶と受け答えを心がけて下さい。
 (2)主体性と問題解決能力
わからなければ調べる、調べ方を教わる、それでもわからなければ答えを聞く。
初めは右も左もわからず業務上で慣れるまでは苦労します。
しかしその後は自分の意見、自分の出した結論を筋道を立てて説明する等、主体性と問題解決能力を鍛えるための経験を繰り返し積んで下さい。
 (3)チームワーク
仕事は基本的にチームで行います。
各々役割が与えられますが、割込みで仕事が入ることもあり自分の作業が中断することも少なくありません。
そのような時にチーム内で作業の分担を変える等のフォローが必要になります。
困っている時に助け合える間柄が仕事には大切な要素です。
 以上のことを念頭におきながら環境に順応し自分の力を発揮していただけるよう願っています。

システム開発部 木村 達也
システム開発部

木村 達也
資格:
基本情報技術者
応用情報技術者
 システムエンジニアにとってITの知識・技術力を身につけることは重要であり、この2つを身につけるための一番の近道は資格取得だと考えています。
 私は学生時代にプログラミングやネットワーク等の基礎を学習し、基本情報技術者の資格を取得しました。就職後、SEとして仕事をするようになりましたが、実務ではプログラムの作成やパソコンの設定といった身につけた基礎を活かせた作業は全体の中の一部で、お客様の要求をシステムとして実現するためにはもっと幅広くそして深く知識・技術力を身につける必要があると感じました。そこでさらに高度な資格取得を目指すことにいたしました。
 日々の業務と勉強との両立は大変したが、空き時間等を有効活用し応用情報技術者の資格を取得しました。
 今後も一人前のSEを目指し日々進歩しているIT技術を学んでいきたいと考えています。
 情報系の資格はIT業界で仕事をする上で必ずアドバンテージになります。弊社全体でも資格取得には力を入れておりますので是非、皆様とともに高度資格取得を目指しながらSEとしての高みを歩めたらと思います。