採用情報

様々な分野で活躍する社員

様々な分野で活躍する社員

  当社の社員は様々な分野で活躍しています。官公庁、医療機関、民間企業、あらゆる職種と関係があります。
  特にSEはシステムを開発するだけでなく、お客様の仕事の内容にも精通する必要があります。お客様とお打合せを重ね、システム化したい仕事内容を理解し、機能を実装し、お客様のご要望を実現していく仕事です。
  そのため、よりお客様の仕事内容の知識を深めるために、現場知識向上を目指した資格取得に努めています。

先輩社員から一言

システム開発部課長代理 今野麗子
医療福祉部課長補佐

今野 麗子 (2001年入社)
資格:
ソフトウェア開発技術者
2種情報処理技術者
 私は主に自治体様向けにパッケージソフトの導入や保守をしています。
 具体的には、お客様にソフトウェアをご紹介するためのデモンストレーション、ご要望のヒアリング、ソフトウェアの構築作業、不足機能の開発、機器設置、導入後の操作説明や問い合わせ対応など様々です。
 SEの仕事は、長時間労働やきついというイメージをもたれることもありますが、私たちの会社ではワークライフバランス休暇の取得促進を進めており、仕事とプライベートの両立を支援する制度があります。
 私自身、入社して10数年経ち2人の子供の母になりましたが、現在もSEとして勤めています。これまでSEとして続けてこられたのは、会社の福利厚生制度の充実はもちろん、周りの上司や社員の理解や協力が大きかったと感じています。
 女性はまだまだ少ない業界ですが、今後もお客様・会社・家族に感謝の気持ちを忘れず、女性としてSEとして常にレベルアップを意識して仕事に取り組んでいきたい思います。

データセンタ事業部課長代理 三浦康太
データセンタ事業部課長補佐

三浦 康太 (2008年入社)
資格:
ITコーディネーター
情報セキュリティスペシャリスト
ネットワークスペシャリスト
ソフトウェア開発技術者
基本情報技術者
第2種電気工事士
 「基盤」ということばを辞書で調べると、「一番基礎になっている事柄。土台。基礎。基本。」と説明されています。
 私は基盤技術担当チームで活動していますが、まさに様々なシステムを支える基盤となる、特にネットワークを中心とした、サーバー、仮想化やクラウド技術など、いわゆるインフラを構成する部分を対象にした活動を主として行っています。クラウドやデータセンターの組み合わせを考えたり、時には物理的なケーブル配線や機器設置を行ったり、かなり広範な活動をしているチームですので、求められる知識も多種多様にわたります。
 インフラエンジニアとしてお客様を土台から支えるため、多様な技術の進歩にもアンテナを張って最新技術の歩みと共に自らも進歩していくことで、沢山の経験ややりがいも大きく得られる仕事であると実感しながら、日々の業務に取り組んでいます。
 基盤技術担当では、お客様の状況を俯瞰的に捉えて、多角的なアプローチのできる人を求めています!

システム開発部課長代理 齋藤 大生
システム開発部課長代理

齋藤 大生 (2007年入社)
資格:
応用情報技術者
基本情報技術者
初級システムアドミニストレータ
 システムエンジニアの仕事はとても幅広い内容で、様々な知識や経験が必要です。SEとしての私が考えている仕事の最終目的は1つで、アプリケーション使用者のニーズに合う物を提供するということです。最終目的を達成するために、お客様と対話をしながら要望を理解して仕様を作成する要件定義したり、仕様に沿ったプログラムを作成したり、アプリケーションを紹介する為のプレゼンテーテョンや提案、実際にアプリケーション動作を説明するデモンストレーション等々…、仕事の内容は多岐にわたります。
 このように、学ぶことが多い職種ですが、当社は初めて行う仕事についてはOJTによる指導を行い、先輩社員の方々から様々なアドバイスを受けやすい環境が整っています。
 SEとしての知識を1から学べる当社で、社会人としての第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。