会社概要

沿革
1974(昭和49年)
羽後銀行と富士通の共同出資により
「(株)羽後電子計算センター」として2月27日設立
1980(昭和55年)
秋田県内初の漢字プリンター導入
コンピュータ機器販売の営業開始
1984(昭和59年)
創業10周年
委託業務によるオンラインサービスを開始
完全週休2日制を実施
1989(平成元年)
本社移転(河北ビル)
1994(平成6年)
羽後銀行が秋田あけぼの銀行との合併に
伴い「(株)北都情報システムズ」に社名変更
創業20周年
1999(平成11年)
秋田市山王(現在地)に社屋新築・移転
2003(平成15年)
ISO9001 認証取得
2004(平成16年)
プライバシーマーク認証取得(秋田県内初)
創業30周年
2006(平成18年)
ISO27001(ISMS)認証取得
2009(平成21年)
創業35周年
10月1日に北都銀行と山形県の荘内銀行が
フィデアホールディングス(株)を設立し、経営統合。
2010(平成22年)
6月  創業35周年記念増配実施
12月 エコアクション21認証を取得
2012(平成24年)
「(株)フィデア情報システムズ」に社名変更
2014(平成26年)
6月 創業40周年記念増配実施
2015(平成27年)
2月 BPOセンタ発足
2016(平成28年)
3月 厚生労働省「安全衛生優良企業」認定
4月 二本部制スタート
    「フィデア事業本部」、「営業統括本部」
6月 フィデアホールディングス(株)の100%子会社化
2017(平成29年)
4月 新中期経営計画「Creative ICT」スタート
   情報処理安全確保支援士 3名登録